読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほももはライフハックの夢を見るか?

ライフハック、勉強法など。頑張らない生き方。

現実逃避としての掃除のすすめ

僕はテスト前になると勉強せずに机を片付けてばかりいた。

母はそんな僕に対してよく「現実逃避だ」と非難していた。

しかしながら最近は、現実逃避としての掃除も悪くないのではないかと思う。

 

勉強や課題などのタスクを前にして掃除を行うことのメリットは次の2点ではないだろうか。

①「何もしていない」という罪悪感が薄れる

②タスクを片付けるための環境作りができる

 

 

①「何もしていない」という罪悪感が薄れる

何もしないよりは掃除した方が精神的にもマシってこと。

勉強しなきゃいけない…してない…掃除は現実逃避だからだめだ…でも勉強したくない…で、結局勉強もせず部屋も散らかってるのでは後々良くない。

特定のタスクをどうしても処理する気になれないなら、その代わりに処理できるタスクを片付けてしまう。するとタスクはスッキリするし、行動することによって自然とやる気になってくる。

 

②タスクを片付けるための環境作りができる

さぁ始めるぞ!という時に床のゴミが気になってしょうがなかったりする。

やる気が出ない時に「やる気が出た時の準備」をしておくのは大事。

掃除・片付けもそうだし、使うファイルを開いておくとか、コーヒーをすぐに淹れられるようにしておくとか。

 

 

さっさとタスクを片付けるに越したことはないけど、何もしないよりは掃除した方がいいよねってこと。

掃除すると心がかなりすっきりするし環境も整うしメリットだらけ。

 

 

おやすミッフィーちゃん。